保証

①長期保証の内容
基本構造部 構造耐力上主要な部分 対象部位 保証の対象となる現象 保証期間
基礎【注1】
建物本体基礎部位をいい、ポーチ、
アプローチ、犬走り等は除く
構造強度に影響を及ぼしている不同沈下、 亀裂、欠損の著しいもので、生活に影響を及ぼすもの 10年
構造躯体
小屋組、柱、粱、土台、耐力壁、 構造躯体の接合金物をいい、屋根下地等は除く
材料の変質、変形による強度に影響を及ぼしている欠損、傾斜、破断、変形、たわみの著しいもので、生活に影響を及ぼすもの 10年

床大引、根太、床束および床板をいい、表面仕上げ部分を除く
材料の変質、変形による強度に影響を及ぼしている欠損、変形、たわみの著しいもの 10年
屋根
垂木、野地板等をいい、仕上材、ルーフィング等を除く
屋内への雨漏り雨漏りによる屋内部材の汚損(かび、しみ等)、仕上材のはがれの著しいもの 10年
外壁
外壁パネルの枠材をいい、仕上材を除く
  10年
雨水の浸入を防止する部分 屋根、庇、もしくは外壁
屋内への雨漏り
雨漏りによる屋内部材の汚損(かび、しみ等)、仕上材のはがれの著しいもの
【注2】
10年
屋根もしくは外壁の開口部に設ける
戸・わくその他の建具

雨水を排除するため設ける排水管 (屋根もしくは外壁の内部または屋内にある部分)
虫害 防蟻処理を行った部分 ヤマトシロアリまたはイエシロアリの発生による
蝕害および損傷
指定仕様にもとづく処理工事を行ったものを対象とする
5年
②短期保証の内容
構造耐力上主要な部分以外の下地および仕上げ 対象部位 保証の対象となる現象 保証期間
土台 盛土、埋戻し及び整地を行なった部分 ・沈下、陥没、隆起、敷地の排水不良 2年
基礎 ・モルタル等仕上材のはがれ、
欠損の著しいもの
2年
基礎以外のコンクリート部分
(内外土間、犬走り、ポーチ、テラス等)
・沈下、亀裂、不陸、主要構造部との
肌分かれの著しいもの
2年
室内床
室内階段
・床鳴りが著しいもの
・仕上材の変質、ひび割れ、はがれ、
継ぎ目の隙間の著しいもの
2年
外壁 ・亀裂、欠損、はがれ、浮きの著しいもの 2年
内壁 ・亀裂、欠損、はがれ、浮き、
継ぎ目の隙間の著しいもの
・仕上材の変質の著しいもの
天井 軒天井
室内天井
・たわみの著しいもの
・仕上材の変質、亀裂、はがれ、
・仕上材の変質の著しいもの
2年
屋根および庇 屋根葺材、水切、雨押え等の役物およびパラペット ・破損、はがれ、ずれ、脱落 2年
樋および金物 ・材料の変質、変形、割れ、反り、
隙間、ゆるみの著しいもの
2年
外部金物 破風、鼻隠、手摺、面格子 ・材料の変質、変形、割れ、反り、
隙間、ゆるみの著しいもの
2年
建具 外部建具
内部建具
(換気扇、換気口等含む)
・取付不良、作動不良及び部品の故障
・反り、隙間の著しいもの
2年
塗装 外部塗装 ・外観上、白華、亀裂、はがれの著しいもの 2年
内部塗装 ・白華、亀裂、はがれの著しいもの
浴室等の水廻り部分 ・水漏れ 2年
・水漏れによる室内の仕上面の汚損
防露 ・床、壁、天井の防露工事を行なった部分で水蒸気の発生
が無い暖房器具の通常の使用により、結露水のしたたり の著しいもの、結露水による汚損、かびの著しいもの
2年
付帯設置 給水、給湯、排水設備 配管、し尿浄化槽 ・湯水、排水不良、腐食、破損  
水栓 ・取付不良、作動不良、破損 【注3】
2年
キッチン、サニタリー設備 厨房機器、衛生機器
浴槽、防水パン
・取付不良、漏水、排水不良、破損
作動不良
【注3】
2年
電気、情報機器 100V/200V電気配線   【注3】
2年
TV配線、電話配線  
コンセント、スイッチ、TVターミナル
電話アウトレット
分電盤、エレベーター
照明器具、熱源器具
・作動不良、短縮、漏電、破損
ガス設備 ガス配管、ガス栓 ・作動不良、破損、取付不良、
支持不良、腐食の著しいもの
【注3】
2年
ガス器具
灯油設備 灯油配管 【注3】
2年
灯油タンク、灯油器具
換気設備 換気ダクト
給気扇、換気扇、屋外フード
【注3】
2年
雑工事 外部 清掃、バーゴラ、バルコニー
屋外の廊下、階段等
・材料の変質、変形、割れ、反り、
隙間、ゆるみの著しいもの
2年
内部 造り付け戸棚、収納家具、
カーテンレール等
虫害 防虫処理を行った部分 ・ヒラタキクイムシ等の発生による蝕害、損傷 2年
その他 外部工作物 門扉・フェンス・カーポート 損傷、腐朽、反り、変形等の著しいもの 2年
ブロック造の塀 沈下、欠損、割れの著しいもの 2年
ブロック造以外の擁壁、地下室  
植栽 植木・芝生類 枯れ 1年
インテリア物品 調度品、ブラインド等 材質の変質、変形、割れ、反り、隙間、緩みの著しいもの 1年
  • 【注1】地盤調査を行い、その結果にもとづき基礎補強または地盤改良等を要する場合にはこれを行うものとします。
  • 【注2】入居者の適切な維持管理(バルコニーの防水含む)を前提とします
  • 【注3】各付帯設備は、水道、電気、ガスの供給主体、または、製造メーカーの定めがある場合は、保証の対象となる現象・保証・期間・適用の除外はその定めによるものとする。
  • ※①長期保証と②短期保証は既存部分が原因で発生した場合には適用されません。
  • ※保証の内容における「著しい」とは、本来持つべき機能を有しない場合であって、通常修理が必要と思われる程度をいいます。